‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

転職や収入減の場合の住宅ローン借り換え

2014/07/28

住宅ローンを利用してマイホームを手に入れた方は、ローンの返済でいつも大変です。そんな中、ふと現在利用しているローンよりもお得な条件の住宅ローンを見つけたりして、悔しい思いをすることもあります。

 
そんな時は、住宅ローンの借り換えを狙ってみると良いです。うまく借り換えできれば、新しいお得なローンの条件で返済をしていくことにできるので、後の返済が楽になるというメリットがあります。

 
ただし、注意点も当然あります。まず第一に、新しい住宅ローンを利用するので、当然ながらローン審査をパスする必要があるということです。条件の良い住宅ローンは審査が厳しいことが多いので、たとえ借り換えたくてもできないということも多いです。

 
第二のポイントとして、借り換えの際に手数料などの諸経費が必要になるという点です。状況によって様々ですが、意外とバカに出来ない金額が必要になることが多いので、その点も踏まえた上で本当に借り換えた方が得になるのかどうか見極める必要があります。

 
住宅ローンの借り換えは、お得な他のローンを見つけた時や、転職などにより収入源が変化し、返済が不安定になってきた時などにとても便利です。もしも必要だと思ったら、本当に得になるかどうか調べてみて、良さそうなら話を持ちかけてみると良い結果になります。

固定金利から変動金利へ

2014/07/28

 

 

最近では、住宅ローンのタイプを固定金利から変動金利に借り換える方が増えています。今回は、その理由について探ってみました。

 
変動金利が人気となっている理由の一つとしては、やはり金利が低いということが挙げられます。金利が1%を切るものもあり、金利負担額が少ない方が返済しやすいということから支持を得ているのです。

 
しかし借り換えを行う場合には、必ず適切なタイミングで行う必要があります。もしも誤った時期に借り換えを行ってしまいますと、結果的に大きく損をしてしまうということもあるのです。ですからその時期が借り換えに最適なのかどうかということをきちんと確認した上で手続きを行う必要があります。

 
また、金利が変動することのリスクというものをしっかりと把握しておかなければなりません。経済状況によって金利が上昇し、それに連動して住宅ローンの金利も大幅にアップする可能性もあるのです。そうなったときに慌てないためにも、あらかじめ金利が上昇した場合のシミュレーションを行っておくと安心ではないでしょうか。

 
どの金利のタイプを選ぶのかによって、返済総額が大きく変わるケースは多々あります。慎重に、自分に合った金利タイプを選ぶようにするべきなのです。

住宅ローン借り換えの最適なタイミングとは

2014/07/28

住宅ローンの借り換えのタイミングはいつが最適かご存知でしょうか。結論から言うと、年収が下がりそうなら、10月までに行動した方が良いです。

 
一般的に、収支を減らすには借り換えを行うのが効果的ですが、そのためには審査に通る必要があります。この審査は、借り換えと言っても実は新規購入のときとほとんど同じなのです。

 
ということは、収入も審査に大きく影響してくるということになります。もしい年収が減ったということになれば、借り換えができなくなったり、借入額が減少してしまう可能性があります。

 
会社員の場合には、年収は前年の収入が基準となることも覚えておいてください。今までの平均では見ないので、去年特別に給与が良かったのならば、いつも通りの年収に戻ったというだけでも基準からは外れることになる可能性があります。

 
本審査の時には、最新の年収を証明できる書類を用意しなければならないので、もし今年の年収が下がってしまうそうだとわかっているならば、無難に10月ごろまでには借り換え手続きをしておく方が良いのです。

 
ここでは年収に焦点を置いて説明をしましたが、他にも金利や自身の健康状態など、住宅ローン借り換えの際に注意すべきところを見逃さずにしておくことが重要です。

必要な書類一式について

2014/07/28

 

 

住宅ローンの借り換えを行う場合には、まずは借り換えを行いたい金融機関に申し込みをし、借り入れができるかどうかの審査を受けることになります。その際にはたくさんの書類を提出することになりますので、あらかじめ不備のないように準備しておかなければなりません。

 
まず金融機関で準備してもらえるものというのが住宅ローン申込書と団体信用生命保険申込書兼告知書の2点です。これらは事前に受け取っておき、申込み当日までに必要事項を記入しておいてください。

 
次に申込者本人に関するものとしては、住民票と印鑑証明書を提出します。これは役所で事前に入手しておきます。

 
また、申込者の収入を証明することのできるものも提出しなければなりません。会社員の場合には源泉徴収票や住民税課税証明書、住民税決定通知書などです。個人事業主の場合には確定申告書や納税証明書を提出します。

 
また、ローンの対象となる物件に関するものも準備しておきます。登記簿謄本や売買契約書、重要事項説明書などが挙げられます。

 
このような書類が求められますが、やはりその内容についてはそれぞれの金融機関によって異なります。早い段階から確認しておくとスムーズに申込み手続きを行うことができると言えます。

流れと必要になる期間

2014/07/28

 

 

住宅ローンの借り換えというのは、一見面倒な手続きを踏む必要があるというイメージがあります。現在契約している住宅ローンを解約して新しい住宅ローンに変更するというのが借り換えの大まかな動きとなりますが、実際には新しく借入れする金融機関の手続きだけで済むのです。

 
借り換えの流れについてご説明します。まず新しく借り換えを行いたい住宅ローンを選んだら、そのローンを取り扱っている金融機関へと出向きます。そしてその金融機関に申し込みをし、借り換え可能かどうかの審査をしてもらうことになります。

 
審査には、事前審査(仮審査)と本審査の2段階があります。事前審査はその金融機関で行われるためすぐに結果が出ますが、本審査は保証会社にて行われますので2~3週間ほどの期間を要します。

 
本審査の承認が下りたら、現在住宅ローンの借入れを行っている金融機関に出向いて一括返済の申し出を行います。つまり、現在の住宅ローンを一度完済してしまうというわけです。

 
それが終わると、晴れて新しく契約する住宅ローンの手続きを進めることができるというしくみになっています。このように住宅ローンの借り換えというのはほとんどが新しく契約する金融機関での手続きとなり、必要書類などもすべて指示してもらえますので安心して行うことができます。

必要な費用について

2014/07/28

 

 

住宅ローンを見直すことでその後の返済がしやすくなることはよくあります。ただし住宅ローンの借り換えというのは新規に新しく住宅ローンを契約することになりますので、契約時にはさまざまな諸費用がかかるということを覚えておく必要があります。

 
実際にどのようなお金が必要なのかと言いますと、まず揚げられるのは印紙税です。契約書に貼付するもので、借入額によって金額が異なりますので注意が必要となります。そのほか、契約時には抵当権設定費や保証費もかかってきます。

 
また、住宅ローンの借り換えを行う場合には、これまで組んでいた住宅ローンを一度完済する必要があります。その際にかかるのが繰上返済手数料と呼ばれるもので、この金額はそれぞれの金融機関によって異なります。そして抵当権抹消費として1000円の支払いも必要です。

 
このように、借り換えを行う際にはいろいろなお金がかかりますので、あらかじめ心得ておくと安心です。トータルすると数十万円ほどかかる計算になりますので、住宅ローンの借り換えというのは決して簡単にはできないものであることがわかります。借り換えを検討する場合には、ローンの内容だけでなくこのような出費についてもきちんと考慮してみてください。

借り換え審査とは

2014/07/28

 

 

住宅ローンの契約をする時と同様に、借り換えをする場合も審査を受けることになります。借入先となる金融機関が定めた基準に基づき、条件をクリアした人だけが利用できるのです。では、どのような点を見られるのかについて、述べていきます。

 
住宅ローンを新規で利用した時と同様のことが、調査対象となると考えればよいです。ただ収入が多い・少ないという判断ではなく、毎月安定した給与を得ているかどうかが判断基準となっています。職業としては、安定した企業のサラリーマンや公務員などが有利になるということです。

 
また、借り換えの場合はそれまでの返済状況も重点的にチェックしていきます。返済が滞っていないか、現在の収入で返済可能な範囲の融資かを検討していくのです。万が一返済能力がないと判断されてしまえば、借り換えできなくなってしまいます。

 
クリアすべき条件は他にも色々あります。購入した住宅物件の資産価値も注目されます。付加価値があるような物件であれば、基準が甘くなる傾向があると言われています。好条件の立地にある一戸建てや、土地付き物件となれば資産価値は高く判断されます。

 
ただしこれは予測に過ぎません。各金融機関ごとに重視するポイントは異なるものです。1社がだめでも他では通過する可能性があるので、諦めないことが大切です。

借り換え先の選び方って?

2014/07/27

住宅ローンの支払いを続けていく中で、金利の変動は非常に重要になります。現在は低金利とされている変動金利ですが、景気が上向きになってきたことで、今後上昇していくことが懸念されています。

 
そこで近頃、住宅ローン借り換えというのが話題になっているのです。この借り換えというのは、融資先の金融機関を変更することですが、これによって今後の支払いが大きく変わることがあります。金利が上昇する前に借り換えを行い固定に変更することで、大きな節約になるかもしれないのです。

 
そのうえでの借り換え先の選び方ですが、返済額がどれだけ減るかだけではなく、それに伴う諸費用がどれだけ掛かるのかにも注目したいところです。近年ではネットバンクに人気が集まっているようです。諸費用には新規融資手数料や保証料、印紙税などがありますが、この諸費用だけで数十万変わってきます。これらを念頭におき、最終返済時までにいくらくらいになるのかを、各金融機関調べる必要があります。

 
また効率よく新しい融資先を選ぶために、インターネットのシュミレーションサービスを利用すると、非常に便利です。いくつかの金融機関を一括で比較してくれるサイトもありますので、これは是非確認しておきたいものです。

住宅ローン借り換えをする上での注意点について

2014/06/30

 

 

住宅ローンを利用している人は、月々の返済に追われることがあります。返済額が予定より多過ぎたり、自分の収入が減って苦しい状況に追い込まれることもあります。

 
金利方式が変わり、金利が上がるという人もいます。固定金利期間選択型を選んだ場合、期間が終了した後に金利が数パーセント上がることがあるのです。

 
住宅ローンにおいて、このような状況に置かれた場合、住宅ローン借り換えという選択肢があります。現在契約している住宅ローンから、違う金融機関へ契約し直す行為です。借り換えを行うことで、月々の返済額を減らし、総返済額を少なくできる場合があります。

 
ただし、利用するためにはいくつか注意しなければならないことがあります。どんな注意点があるのか紹介していきます。

 
まずは、借り換えるメリットがあるかを確認する必要があります。ローン残高が多い場合は、借り換えを利用しても返済総額が減らない可能性があるのです。返済残高がある程度少なくならないと、意味がありません。

 
また、審査に必ず通過するとは限らないことにも、注意が必要です。借り換えローンにも審査がありますので、収入や借り入れ状況などに問題があれば、利用できません。自分の置かれた状況を確認して、借り換えを利用できるか考えてみるといいです。