固定金利から変動金利へ

 

 

最近では、住宅ローンのタイプを固定金利から変動金利に借り換える方が増えています。今回は、その理由について探ってみました。

 
変動金利が人気となっている理由の一つとしては、やはり金利が低いということが挙げられます。金利が1%を切るものもあり、金利負担額が少ない方が返済しやすいということから支持を得ているのです。

 
しかし借り換えを行う場合には、必ず適切なタイミングで行う必要があります。もしも誤った時期に借り換えを行ってしまいますと、結果的に大きく損をしてしまうということもあるのです。ですからその時期が借り換えに最適なのかどうかということをきちんと確認した上で手続きを行う必要があります。

 
また、金利が変動することのリスクというものをしっかりと把握しておかなければなりません。経済状況によって金利が上昇し、それに連動して住宅ローンの金利も大幅にアップする可能性もあるのです。そうなったときに慌てないためにも、あらかじめ金利が上昇した場合のシミュレーションを行っておくと安心ではないでしょうか。

 
どの金利のタイプを選ぶのかによって、返済総額が大きく変わるケースは多々あります。慎重に、自分に合った金利タイプを選ぶようにするべきなのです。

コメントは受け付けていません。