必要な費用について

 

 

住宅ローンを見直すことでその後の返済がしやすくなることはよくあります。ただし住宅ローンの借り換えというのは新規に新しく住宅ローンを契約することになりますので、契約時にはさまざまな諸費用がかかるということを覚えておく必要があります。

 
実際にどのようなお金が必要なのかと言いますと、まず揚げられるのは印紙税です。契約書に貼付するもので、借入額によって金額が異なりますので注意が必要となります。そのほか、契約時には抵当権設定費や保証費もかかってきます。

 
また、住宅ローンの借り換えを行う場合には、これまで組んでいた住宅ローンを一度完済する必要があります。その際にかかるのが繰上返済手数料と呼ばれるもので、この金額はそれぞれの金融機関によって異なります。そして抵当権抹消費として1000円の支払いも必要です。

 
このように、借り換えを行う際にはいろいろなお金がかかりますので、あらかじめ心得ておくと安心です。トータルすると数十万円ほどかかる計算になりますので、住宅ローンの借り換えというのは決して簡単にはできないものであることがわかります。借り換えを検討する場合には、ローンの内容だけでなくこのような出費についてもきちんと考慮してみてください。

コメントは受け付けていません。