住宅ローン借り換えをする上での注意点について

 

 

住宅ローンを利用している人は、月々の返済に追われることがあります。返済額が予定より多過ぎたり、自分の収入が減って苦しい状況に追い込まれることもあります。

 
金利方式が変わり、金利が上がるという人もいます。固定金利期間選択型を選んだ場合、期間が終了した後に金利が数パーセント上がることがあるのです。

 
住宅ローンにおいて、このような状況に置かれた場合、住宅ローン借り換えという選択肢があります。現在契約している住宅ローンから、違う金融機関へ契約し直す行為です。借り換えを行うことで、月々の返済額を減らし、総返済額を少なくできる場合があります。

 
ただし、利用するためにはいくつか注意しなければならないことがあります。どんな注意点があるのか紹介していきます。

 
まずは、借り換えるメリットがあるかを確認する必要があります。ローン残高が多い場合は、借り換えを利用しても返済総額が減らない可能性があるのです。返済残高がある程度少なくならないと、意味がありません。

 
また、審査に必ず通過するとは限らないことにも、注意が必要です。借り換えローンにも審査がありますので、収入や借り入れ状況などに問題があれば、利用できません。自分の置かれた状況を確認して、借り換えを利用できるか考えてみるといいです。

コメントは受け付けていません。